西武2戦連続完封負け 辻監督2・5差も意に介さず

東京ドーム  首位西武は2試合連続の0封負けを喫した。  日本ハム上沢を捉えきれなかった。4安打のみで、完封勝利を献上。好投した十亀を援護できなかった。  2連...

スポンサーリンク

西武2戦連続完封負け 辻監督2・5差も意に介さず

東京ドーム
 首位西武は2試合連続の0封負けを喫した。
 日本ハム上沢を捉えきれなかった。
4安打のみで、完封勝利を献上。
好投した十亀を援護できなかった。
 2連敗となり、2位ソフトバンク、3位日本ハムとのゲーム差は2・5に縮まった。
5月6日時点では2位に6ゲーム差をつける独走状態に入っていたが、この2週間で4度目の0封負け。
得点力の低下が、チーム成績につながっている。
 それでも、辻発彦監督は努めて冷静だった。
「良い投手が来たら、こうなる。
今日は互いに投手戦。
向こうも3安打でしょう」と落ち着いて指摘。
ゲーム差については「全然。
これだけ負けても、2・5差。
また、かみ合ってくれば。
少ないチャンスをものにできるように」と意に介さなかった。
Sponsored

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.