中日京田1号2ラン「積極的にいった」広島戦好相性

ナゴヤドーム  不振の京田が復活への足がかりになる先制1号2ランを放った。「積極的にいった結果です」と話した。昨年は新人王に輝いたが、今季は開幕から2番スタメン...

スポンサーリンク

中日京田1号2ラン「積極的にいった」広島戦好相性

ナゴヤドーム
 不振の京田が復活への足がかりになる先制1号2ランを放った。
「積極的にいった結果です」と話した。
昨年は新人王に輝いたが、今季は開幕から2番スタメンで起用されながら、2年目のジンクスなのか打率2割1分1厘と低迷中。
 しかし、対広島戦成績は抜群だ。
6試合で3割6分と5球団の中で突出して相性が良い。
昨年も対広島戦は3割2分1厘と、他球団が2割台の中でやはり好相性だった。
 今季は1番大島、2番京田の「OKコンビ」を起爆剤として、固定してきた竜打線だったが、開幕から不発気味。
3回には京田の四球からアルモンテの7号2ランでの追加点に、4回にも大島が左前打を足がかりに無死二塁から京田が犠打で送り、アルモンテの犠飛でさらに1点を追加した。
京田にとっての大好物「広島戦」が復調への起爆剤になるかもしれない。
Sponsored

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.