ヤクルト小川5失点KO「力み過ぎて」援護生かせず

横浜  昨年10月に右肘を手術したヤクルト小川泰弘投手が、今季初登板で4回途中5失点でKOされた。初回に3点の援護を得たが、その裏に宮崎の2ランなどで3失点。2...

スポンサーリンク

ヤクルト小川5失点KO「力み過ぎて」援護生かせず

横浜
 昨年10月に右肘を手術したヤクルト小川泰弘投手が、今季初登板で4回途中5失点でKOされた。
初回に3点の援護を得たが、その裏に宮崎の2ランなどで3失点。
2回以降も制球が安定せず、3回にはロペスに勝ち越し2ラン。
4回2死満塁としたところで、降板を告げられた。
 復帰登板を白星で飾れなかった小川は「久しぶりの登板だったので、少し緊張はありました。
力み過ぎて高めに集まってしまいました。
リードを保てなく勝ちにつなげられなくて申し訳なく思います」と振り返った。
Sponsored

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.