ヤクルト由規KOから粘り「もらった1点」で連勝

横浜  ヤクルトが延長11回に無安打で決勝点を奪って2連勝を決めた。  5-5で、先頭の中村が四球。荒木の犠打、山田哲の申告敬遠で1死一、二塁から、西浦の遊ゴロ...

スポンサーリンク

ヤクルト由規KOから粘り「もらった1点」で連勝

横浜
 ヤクルトが延長11回に無安打で決勝点を奪って2連勝を決めた。
 5-5で、先頭の中村が四球。
荒木の犠打、山田哲の申告敬遠で1死一、二塁から、西浦の遊ゴロを大和が失策。
1死満塁から、青木が押し出し四球をもぎ取った。
 劣勢をはねかえした。
初回に3点を先制しながらも4回に先発由規が乱れて5失点してKOされたが、5回に大引の適時打などで2得点で追いついた。
 2番手風張以降の中継ぎ陣6投手が無失点リレーでつないだ結果、接戦に持ち込めた。
小川淳司監督は「よく取ったと思う。
もらった四球とエラーといいつつ、大事な1点になった。
由規がつかまった後、同点に追いついたのが大きかった。
後ろの投手もよく頑張ってくれた」とたたえていた。
Sponsored

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.