コラム 野球手帳 大阪桐蔭にあと1つで泣いた寝屋川 気持ちは夏照準

 野球をこよなく愛する日刊スポーツの記者が、その醍醐味、勝負の厳しさ、時には心が和むようなエピソードなど、さまざまな話題を届けます。  9回2死まで勝利が見えた...

スポンサーリンク

コラム 野球手帳 大阪桐蔭にあと1つで泣いた寝屋川 気持ちは夏照準

 野球をこよなく愛する日刊スポーツの記者が、その醍醐味、勝負の厳しさ、時には心が和むようなエピソードなど、さまざまな話題を届けます。
 9回2死まで勝利が見えた。
12日に大阪シティ信用金庫スタジアムで行われた、高校野球春季近畿地区大会大阪府予選準々決勝。
府立の進学校・寝屋川がセンバツ王者の大阪桐蔭に4-5で惜敗した。
 あと1アウトだった。
先発の藤原涼太投手が7回まで1失点投球。
コントロールよく低めに変化球を投げわけ、バットに空を切らせた。
8回には3連打で一挙4得点と一時逆転に成功。
直後の8回に4-3とつめよられるも、後続をたち切った。
勝利が近づいてきた9回2死二塁、3番中川卓也内野手の打球は二塁手の前へ飛んだ。
しかし打球は二塁手の足の間を抜けて右前へ。
同点に追いつかれると続く2死一塁から、4番根尾昂内野手に左翼フェンス直撃の適時二塁打を許し、サヨナラ負けした。
 大阪桐蔭の校歌を聞きながら、藤原は涙を拭っていた。
「『不動心』でそこまで何も考えずに投げていたけど心が揺れて、その瞬間に『勝負あったな、負けたな』と思いました」と一瞬の心の乱れを悔やんだ。
前日11日のミーティングで達大輔監督が「勝つなら8-6」と乱打戦を予想する中、藤原は「『えーっ』と思っていた。
1点で抑える自信はありました」と静かに闘志を燃やした。
藤原の兄は、京大野球部エースの藤原風太投手。
前日11日の関西学生野球春季リーグ・関大戦で、兄が完封勝利を挙げたことを母から伝え聞き「俺もやったろう」と気合も入っていた。
 寝屋川は府立校で、甲子園には56年夏、57年春夏と出場。
57年夏の2回戦では早実と対戦し、エースだった王貞治氏に延長11回ノーヒットノーランを許した。
平日の練習時間は約1時間半。
グラウンドも他部と共有のため、普段使えるのはダイヤモンドの大きさ程度だ。
それでも藤原は「質の高い練習を納得がいくまでやっています」と試合直前以外は、選手たちが自ら足りない部分を把握し、練習メニューを組み立てている。
冬場以外の土日は、ほぼ毎日練習試合。
藤原が1年生の時には約100試合をこなしたと言う。
 達監督は「もうちょっとで日本中を沸かせることができたのですが…」と悔しさをあらわにしながらも「なんとなく満足するのが夏に向けて一番駄目。
ちょうど最後に悔しさを持てて良かった」。
藤原も「周りは『全く通用せえへんやろ』と思っていたと思うけど『勝ったろ』と思って入りました。
いい試合でも勝てなかったら意味がない」と満足する様子は一切無い。
南北2校が甲子園に出場できる今夏の大阪大会は、大阪桐蔭と同じ北地区。
「夏、やり返したいです」と藤原。
力強く夏に視線を向けた。

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.