初芝立命館4強入り エース木元が141球完投勝利

準々決勝  初芝立命館のエース木元康充投手が完投勝利を挙げ、4強入りを決めた。  失点は4回の1点のみ。その他はピンチも作らず、9回141球を投げ抜いた。今大会...

スポンサーリンク

初芝立命館4強入り エース木元が141球完投勝利

準々決勝
 初芝立命館のエース木元康充投手が完投勝利を挙げ、4強入りを決めた。
 失点は4回の1点のみ。
その他はピンチも作らず、9回141球を投げ抜いた。
今大会は2回戦以外全て先発完投。
「ずっと野手に助けてもらっていたので、最初から気合いを入れていきました」とエースの投球を見せた。
 高校入学時は遊撃手だったが、1年秋に投手へ転向。
当初は上手投げだったが、結果が出ずサイドスロー、アンダースローのプロ野球選手は全て見たというほど、ここまで研究を重ねてきた。
チームには頼もしい存在も。
二塁は双子の兄・康友が守っている。
次戦は13日、関大北陽との準決勝。
「自分のやるべきことをしたいと思います」と勝利を目指す。
Sponsored

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.