オリックス山岡「コントロールできず」好投も4敗目

京セラドーム大阪  オリックス山岡泰輔投手が6回2失点と試合を作ったが、4敗目を喫した。  初回1死から安打、四球で走者を出すも、自身の絶妙なけん制などで無失点...

スポンサーリンク

オリックス山岡「コントロールできず」好投も4敗目

京セラドーム大阪
 オリックス山岡泰輔投手が6回2失点と試合を作ったが、4敗目を喫した。
 初回1死から安打、四球で走者を出すも、自身の絶妙なけん制などで無失点で切り抜けた。
だが2回1死からペゲーロに先制弾を浴び、4回も先頭のペゲーロに2打席連続被弾。
5、6回は得点圏に走者を背負うも、楽天打線に追加点は与えなかった。
だが味方打線は、相手先発の則本の前に吉田正の安打1本だけと沈黙。
則本に6連敗を喫した。
 山岡は「立ち上がりからボールをコントロールできず、球数が増えてしまいました。
もう少しいいリズムで攻撃につなげたかったです」と責任を背負ったが、福良監督は「よく粘ったんじゃないですか」とねぎらった。
Sponsored

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.