坂口「つなごうと」2点二塁打 ヤクルト初回に3点

横浜  ヤクルトが初回に打者9人の先制攻撃で3点を奪った。  1番山田哲がDeNA浜口の初球145キロ直球を強振し、中堅フェンス直撃の二塁打。西浦の犠打で1死三...

スポンサーリンク

坂口「つなごうと」2点二塁打 ヤクルト初回に3点

横浜
 ヤクルトが初回に打者9人の先制攻撃で3点を奪った。
 1番山田哲がDeNA浜口の初球145キロ直球を強振し、中堅フェンス直撃の二塁打。
西浦の犠打で1死三塁から、青木宣親外野手が「初回なので、積極的にいける球はいこうと思って打席に立ちました」と1ボールからの146キロ直球を仕留め、前進守備の一、二塁間を破る先制適時打を放った。
 バレンティンの四球後には、坂口智隆外野手が右中間への2点適時二塁打。
「つなごうと思って打った結果がタイムリーになったので良かったです」と振り返った。
その後も2死満塁と攻めたてたが、9番由規が見逃し三振に倒れた。
 
Sponsored

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.