乃木坂が異例2会場“シンクロ”の6万人動員ライブ

 乃木坂46が、東京・神宮球場と東京・秩父宮ラグビー場の両会場を同時使用する異例のコンサートを7月6日から3日間開催することが12日、分かった。ポートメッセなご...

スポンサーリンク

乃木坂が異例2会場“シンクロ”の6万人動員ライブ

 乃木坂46が、東京・神宮球場と東京・秩父宮ラグビー場の両会場を同時使用する異例のコンサートを7月6日から3日間開催することが12日、分かった。
ポートメッセなごやで行われた握手会イベントで発表した。
デビュー6周年を祝うバースデーライブとなる。
さらに、初のドーム&スタジアムツアーも開催されることが決まった。
 握手会前のミニライブのラストで、ステージ両脇の巨大モニターで発表され、大歓声があがった。
まずドーム&スタジアムツアー開催が発表されると、キャプテン桜井玲香が「今年はスタジアム、そしてドームツアーが決定いたしました~! 本当にありがとうございます」と伝え、「去年東京ドームをやった時に、すごい広いし大変だなと思ったんですけど、その経験をいかして全員で力を合わせて頑張ります。
ぜひ遊びに来てください」とアピールした。
 さらに、全てのトークを終えた後、モニターでサプライズ発表された。
「神宮球場、秩父宮ラグビー場、同時開催。
シンクロニシティLive」と表示されると、桜井は「どういうこと?」と戸惑い気味。
西野七瀬から「両会場を、行ったり来たりするよ、みたいな?」とフォローされ、「そんなことできるの?同じ日ってことだよね?」と驚いた。
桜井はその上で、「今年の夏も、荒れそうですね。
いろいろありそうですね、乃木坂。
成長してきているってことですかね。
今までにないものが見られると思いますので、皆さんぜひいらしゃってください!」と呼びかけた。
 神宮球場と秩父宮ラグビー場でライブを同時開催し、どちらの会場にも出演可能なメンバー全員が登場するという。
両会場は直線距離で100メートル足らずでほぼ隣接しているが、ライブ上演中にメンバーが会場間を行き来するなど、異例の演出も見られそうだ。
神宮球場で3・5万人、秩父宮ラグビー場で2・5万人を収容予定で、乃木坂46史上最大規模となる1日あたり6万人を呼び込む予定だ。
 グループ初となるドーム&スタジアムクラスのツアーは、7月21、22日に福岡・ヤフオク!ドーム、8月4、5日に大阪・ヤンマースタジアム長居、8月26、27日にナゴヤドーム、9月1、2日にひとめぼれスタジアム宮城でコンサートを開催する。
4カ所8公演で34万6000人を動員予定。
神宮球場・秩父宮ラグビー場のバースデーライブ3公演も含めると、5カ所11公演で52万6000人を動員する予定だ。
 乃木坂46は昨年初の東京ドーム公演を開催。
今年2月にデビュー6周年を迎え、最新シングル「シンクロニシティ」は発売初週で売り上げミリオンを達成するなど、勢いに乗っている。
Sponsored

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.