中日小笠原「投げ勝つのはまだ早い」先輩菅野に連敗

東京ドーム  巨人菅野智之の前に中日打線のバットがクルクル回った。2回1死の福田から7者連続三振。7回の1死二、三塁も福田から4者連続三振。13三振がすべて空振...

スポンサーリンク

中日小笠原「投げ勝つのはまだ早い」先輩菅野に連敗

東京ドーム
 巨人菅野智之の前に中日打線のバットがクルクル回った。
2回1死の福田から7者連続三振。
7回の1死二、三塁も福田から4者連続三振。
13三振がすべて空振りで、150キロを超す速球と緩急をつけたスライダーに手玉に取られた。
「いつものことだよ。
打てないときもあるだろう。
相手が菅野君だし、そう簡単にはいかない」と、森監督はため息をついた。
 土井打撃コーチも肩を落とした。
「すごい投手だ。
チャンスで1点をもぎ取らないと。
外野フライが1本でも出れば…。
惑わすような高さに球が来て、追い込まれてから引っかかる。
それを辛抱できれば、自分のカウントに持ち込めるんだが。
次にやり返します」と、最後の言葉に力を込めるのが精いっぱいだった。
 先発小笠原慎之介投手は、昨年8月5日の巨人戦以来となる東海大相模の先輩菅野との直接対決。
前回は自身が4回途中KO、先輩が8回1失点でリベンジを期してマウンドに上がったが、7回3失点で連敗。
「投げ勝つのはまだ早い。
1試合ではなく、1年を通じて判断してほしい」と、話した。
「いくつだよ。
開幕投手を任せたんだから、ここを乗り越えてほしい」と、森監督はエース候補生の脱皮を期待。
「明日から、まだ2試合あるんだから」と、気持ちを切り替えての出直しを口にした。
Sponsored

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.