15試合以内は71年ぶり/巨人がリーグ最速10敗

東京ドーム  巨人が1950年2リーグ制となって以降ワーストの“開幕失速”となった。同点の7回に2番手で登板した上原浩治投手が、広島菊池の決勝ソロを含む3安打3...

スポンサーリンク

15試合以内は71年ぶり/巨人がリーグ最速10敗

東京ドーム
 巨人が1950年2リーグ制となって以降ワーストの“開幕失速”となった。
同点の7回に2番手で登板した上原浩治投手が、広島菊池の決勝ソロを含む3安打3失点で自身2連敗を喫した。
復調までの期間は当面、勝ちパターンの一角から外れることを自ら示唆した。
巨人は13日のカード初戦で連敗を6で止めるも1勝をはさんで2連敗。
これで3カード連続の負け越し。
開幕15戦で10敗目は47年以来71年ぶりだ。
 巨人がリーグで最初に10敗を記録したのは1リーグ時代の47年、2リーグ制後の75、04年に次いで14年ぶり4度目。
また今年は15試合目で10敗。
巨人が開幕15試合以内で10敗目を喫したのは、47年の14試合目以来、71年ぶり2度目。
2リーグ制後では84、08年の16試合目を上回る早さでの10敗となった。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.