J2第9節の日程と見どころ 出場停止&負傷者情報

14、15日 福 岡2-0山 口 甲 府0-1松 本 大 宮1-1岡 山  前節首位のファジアーノ岡山は大宮アルディージャと1-1で引き分け、勝ち点20とした...

スポンサーリンク

J2第9節の日程と見どころ 出場停止&負傷者情報

14、15日

福 岡2-0山 口
甲 府0-1松 本
大 宮1-1岡 山
 前節首位のファジアーノ岡山は大宮アルディージャと1-1で引き分け、勝ち点20とした。
大宮は同8。
レノファ山口FCはアビスパ福岡に0-2で敗れ、同17のまま。
福岡は同15。
松本山雅FCはヴァンフォーレ甲府に1-0で競り勝った。

山 形京 都
熊 本東京V
水 戸金 沢
栃 木新 潟
岐 阜徳 島
讃 岐愛 媛
大 分横浜FC
千 葉町 田
 J2は第9節を迎えた段階で、ファジアーノ岡山が首位をキープし、3位のFC町田ゼルビアと5位の東京ヴェルディが無敗という構図に変わりはない。
ただ前節、町田と東京Vが引き分けた一方、勝った大分トリニータが2位、レノファ山口FCが大分と勝ち点17で並ぶ3位に浮上し、岡山を勝ち点差2で追走する。
 町田は15日に、優勝候補と期待されながら、まさかの19位に沈むジェフユナイテッド千葉とアウェーで対戦。
町田も千葉には3連敗、1分け3敗と近年、勝てていない。
前節のロアッソ熊本戦で後半ロスタイムに同点弾を決めた、U-21マケドニア代表のドリアン・バブンスキーに期待したいところだ。
 大分は15日に横浜FCとホームで対戦する。
17年は1勝1分け、ホームでも1勝2分けと負けがない。
上位陣が軒並み相性の悪い相手と対戦する中、相性のいい横浜FCを破って、首位を狙いたいところだ。
●大宮MFマテウス

●甲府MF新井涼平=右内転筋肉離れ。
全治4週間

●熊本DFイム・ジンウ=右膝内側側副靭帯損傷。
全治8週間

●岡山FW武田拓真=右ハムストリングス肉離れ。
全治3〜5週間

●甲府MF小椋祥平=左腓骨骨折。
全治約3カ月

●愛媛DF池田樹雷人=右ハムストリングス肉離れ。
全治4~6週間

●山口MF佐藤健太郎=左外側半月板断裂。
8週間の加療

●岡山MF塚川孝輝=右足関節捻挫。
全治2〜4週間
●岡山FWイ・ヨンジェ=左足関節内果疲労骨折。
全治3カ月

●山口GK山田元気=左内側半月板断裂。
手術後、8週間の加療

●熊本GK内山圭=左膝後十字靭帯損傷。
全治3カ月

●MF本田功輝=左膝前十字靭帯損傷。
全治8カ月

●讃岐FW福家勇輝=右膝前十字靭帯損傷。
全治6カ月

●岡山FW藤本佳希=左膝内側側副靱帯損傷。
全治8週間

栃木MF寺田紳一=左アキレス腱断裂。
全治5か月

●金沢GK白井裕人=右足下腿三頭筋損傷。
全治3週間

●山形DFジャイロ・ロドリゲス=右股関節前方脱臼。
全治約6カ月
●京都MF荻野広大=左肩前方脱臼と診断。
全治は非公表

●大分DFイム・スンギョム=右大腿四頭筋肉離れ。
全治4~6週間

●栃木DFメンデス=左膝前十字靭帯断裂。
全治8か月
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.