日本ハム清宮フル出場「楽しい」4の0も感覚手応え

鎌ケ谷  日本ハムのドラフト1位、清宮幸太郎内野手が「3番一塁」でフル出場した。  1回2死無走者の第1打席は、カウント0-2から阪神先発才木の149キロを打っ...

スポンサーリンク

日本ハム清宮フル出場「楽しい」4の0も感覚手応え

鎌ケ谷
 日本ハムのドラフト1位、清宮幸太郎内野手が「3番一塁」でフル出場した。
 1回2死無走者の第1打席は、カウント0-2から阪神先発才木の149キロを打って一ゴロ。
 先頭で迎えた4回の第2打席は、カウント1-0から才木の144キロを打って中飛。
 6回1死一塁で迎えた第3打席は、カウント0-2と追い込まれた3球目に才木が暴投。
走者が二塁へ進んだ。
カウントは2-2となり、5球目の135キロを打って一ゴロ。
 先頭で迎えた8回の第4打席は、カウント2-1から尾仲の146キロを打って中飛。
 10日に限局性腹膜炎から復帰して以降のファーム戦成績は、9打数無安打となった。
フル出場は初めて。
 清宮は試合後「3、4打席目は『こんな感じかな』と分かってきた感じがあった。
だんだんと良くなっている。
感覚、そこだけかなと思う。
負けてしまったけど、試合は楽しい。
全部出られるのは」と前向きに話した。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.