オコエ興奮、楽天本拠地にロンドンバスがやって来た

 楽天本拠地の「パーク化」構想に新機軸が登場した。楽天生命パークで13日、日本球界初となるロンドンバスがお披露目された。  英国で1983年に製造された2階建て...

スポンサーリンク

オコエ興奮、楽天本拠地にロンドンバスがやって来た

 楽天本拠地の「パーク化」構想に新機軸が登場した。
楽天生命パークで13日、日本球界初となるロンドンバスがお披露目された。
 英国で1983年に製造された2階建てバスで、09年からロンドンで市内観光バスとして活躍。
はるばる海を渡り、10日ほど前に来日した。
今後はアトラクション、飲食スペースなど、多目的バスとしての使用が検討されている。
 大観覧車の横で、赤を基調とした本物のロンドンバスがゆっくり敷地内を一周した。
屋根のない2階から風景を楽しみ、運転席にも座った立花陽三球団社長は、新たなファンサービスの可能性も口にした。
「車検が取れたら、パーティー後に球場に来てもらうとか、家に送るとかも、やってみたい。
将来的には1階をレストランにしたりも、考えていきたい」。
公道での送迎、貸し切っての宴会プランなどの活用方法も考えていくという。
 座席数は92。
高さは3・8メートルあり、2階席からはグラウンドを見下ろせる。
体験試乗したオコエ瑠偉外野手は「2階建てが、ロンドンという感じ。
開放感がMAXでした。
自分の駐車場には置けなさそうですが」と、笑顔で本場のムードを体感した。
名門ハーバード大出身のフランク・ハーマン投手は、大学があった米ボストンで2階建てバスを見たことがあり、「ビートルズみたいな雰囲気。
ジョンとポールになった気分だよ」と乗り心地に満足した。
15日まで、同球場内にあるスマイルグリコパークを訪れた観客には、無料で試乗できる。
 
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.