ロッテ井口監督、熊本地震から2年「いいゲームを」

 ロッテは14日のソフトバンク戦に向けて13日、熊本入りし、一部選手が藤崎台県営野球場で練習を行った。  先発予定のマイク・ボルシンガー投手は6日の日本ハム戦以...

スポンサーリンク

ロッテ井口監督、熊本地震から2年「いいゲームを」

 ロッテは14日のソフトバンク戦に向けて13日、熊本入りし、一部選手が藤崎台県営野球場で練習を行った。
 先発予定のマイク・ボルシンガー投手は6日の日本ハム戦以来、中7日の登板となる。
ソフトバンク打線とは3月11日のオープン戦以来の対戦。
前回は4回を1安打無失点に抑え、1点差の勝利に貢献した。
「ソフトバンクの打者はすごく打つイメージ。
オープン戦で出てこなかったメンバーも出てくるだろうし。
知らない部分はミーティングでコーチやキャッチャーに教えてもらって、自分のいいところを出していきたい」と意気込んだ。
 また14日は熊本地震発生から丸2年を迎える。
被災した宇土市に1000万円の寄付金を贈るなど、社会貢献活動を行ってきた井口資仁監督は「おととし、義援金で来させてもらった。
皆さんにいいゲームを見せられたらいいなと思います」と話した。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.