巨人セ界の借金独占「最初から5点は重い」高橋監督

東京ドーム  巨人の連敗が止まらない。2カード連続で黒星を3つずつ並べ、6連敗で借金は4に膨らんだ。セ・リーグで巨人だけが借金という状況は球団史上3度目。開幕1...

スポンサーリンク

巨人セ界の借金独占「最初から5点は重い」高橋監督

東京ドーム
 巨人の連敗が止まらない。
2カード連続で黒星を3つずつ並べ、6連敗で借金は4に膨らんだ。
セ・リーグで巨人だけが借金という状況は球団史上3度目。
開幕12戦目と駆けだしたばかりのペナントレースの序盤戦で苦戦が続いている。
 あまりにも重い負荷がのしかかった。
1回、先発大竹がDeNA神里に先頭打者弾とロペスの2ランを含む6安打を集められて、いきなり5失点。
高橋監督は「最初から5点というのは重い。
そのあと何とかねというところで、5点というのは重いかなと。
試合を進めていく上では」と初手からゲームプランを崩された。
20分を超える1回の守備が、その先に打っていた策を薄めてしまった。
 指揮官は打順を大きく動かした。
1番に坂本勇を出して、3番にゲレーロ、4番にマギー、5番に岡本を配置。
今季12戦目にして初めてクリーンアップを組み替えた。
さらに、相手先発左腕の東に全て右打者を並べて重圧をかけた。
1回にマギーが1号3ランで食い下がり、坂本勇も4打席で出塁。
「坂本はよくやってくれたかなと思う。
このあと上がってくれればいいと思いますけどね」と、敗戦の中にも活路を見いだした。
 今日13日からは首位広島との今季初の3連戦へと続く。
投手陣は大竹と中川を入れ替えて整備する。
初戦を託すエース菅野に「2試合は本来のピッチングができていないので、明日は本来のピッチングをしてほしいと思います」と高橋監督。
試合の主導権を奪う戦いが、連敗脱出への条件になりうる。
一方で取られても取り返せるだけの勢いも必要不可欠。
「いろんなものを踏まえて打線というところは変えてみました」と戦局を変えるための手を尽くす。
まずはエースとともに1勝をもぎ取りに行く。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.