鼻負傷の岩渕真奈は別メニュー調整「みんなで前に」

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」が、明日13日のアジア杯1次リーグ最終戦のオーストラリア戦へ向けた前日練習を行い、紅白戦やセットプレー練習などで約1時...

スポンサーリンク

鼻負傷の岩渕真奈は別メニュー調整「みんなで前に」

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」が、明日13日のアジア杯1次リーグ最終戦のオーストラリア戦へ向けた前日練習を行い、紅白戦やセットプレー練習などで約1時間半、汗を流した。
 FW岩渕真奈は10日の韓国戦で相手選手の肘打ちを受けて鼻上から出血した影響で、紅白戦以外は別メニューで調整となった。
それでも練習後には「鼻が腫れちゃうからって感じです。
大丈夫です。
いけます」と元気な様子をみせた。
11日はアンマン市内の病院で診察も受けた。
「韓国戦もやってたから大丈夫でしょって言い切ってやっています。
やるしかないですから」と話した。
 オーストラリア戦に勝てば、出場8カ国中5位までに与えられる19年ワールドカップフランス大会出場権獲得と1次リーグ突破が決まる。
この日の練習では守備時のマークなどを確認したといい「みんなで統一した意識をもって守備ができれば。
とりあえず全員がビビらずにボールを触って、リズムを作った方が勝てると思う。
むこうのリズムにならないようにやりたいなと思います」と意気込んだ。
 鼻を負傷したが、調子はいいと話し「もうちょっとみんなで前にいきたい。
あんまり攻撃の形がつくれてないので、自分の持っているものをしっかりだして、チームが苦しくても勝てるという風になれたらいいかなと思います。
結構いい感じなんですけどね。
多分」と自信もみせた。
 運命のオーストラリア戦は13日午後10時45分キックオフ。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.