日本ハム清宮2軍戦出場 三振、左飛、左飛も前向き

西武第2  限局性腹膜炎から実戦復帰した日本ハム清宮が、イースタン・リーグ西武戦に出場し、3打数無安打だった。1打席目は6回1死走者なしで3番DH矢野の代打で空...

スポンサーリンク

日本ハム清宮2軍戦出場 三振、左飛、左飛も前向き

西武第2
 限局性腹膜炎から実戦復帰した日本ハム清宮が、イースタン・リーグ西武戦に出場し、3打数無安打だった。
1打席目は6回1死走者なしで3番DH矢野の代打で空振り三振。
味方が大量5得点で逆転した7回は1死二塁で変化球をひっかけて左飛。
9回の第3打席も左飛だった。
 1打数無安打の前日に続き2試合連続の出場で、複数打席に立ったのは3月24日の退院後、初めて。
「体重移動や間合いなど、感覚が分かってきた」と振り返り「映像があれば見て、いろいろ考えたい。
あとは、ちゃんとバットに当てることですかね」と当面の課題を口にした。
今日12日の西武戦では、実戦復帰後、初めて一塁の守備に就く。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.