阪神糸原「必死に食らいついた」技あり適時打で追加点

甲子園  阪神が追加点を奪った。  5回に上本博紀内野手が右前打で出塁し1死一塁とすると、そこから3連続四球で押し出し。広島の先発中村恭をマウンドから降ろした。...

スポンサーリンク

阪神糸原「必死に食らいついた」技あり適時打で追加点

甲子園
 阪神が追加点を奪った。
 5回に上本博紀内野手が右前打で出塁し1死一塁とすると、そこから3連続四球で押し出し。
広島の先発中村恭をマウンドから降ろした。
 俊介外野手が右直に倒れて2死満塁となったが、7番糸原健斗内野手がファウルで粘り、8球目を左前へ運んで2点を追加した。
「チャンスで回ってきたので、追い込まれた後も必死に食らいついていきました。
追加点が取れて良かったです。
この後も気を引き締めて頑張ります」と話した。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.