オリックス単独最下位 オーナー痛烈ゲキも効果なし

京セラドーム  あぁ、単独最下位…。オリックスが今季初の5連敗で、16年以来となるリーグ6位に転げ落ちた。先発金子が5回6安打4失点と役割を果たせなかった。8日...

スポンサーリンク

オリックス単独最下位 オーナー痛烈ゲキも効果なし

京セラドーム
 あぁ、単独最下位…。
オリックスが今季初の5連敗で、16年以来となるリーグ6位に転げ落ちた。
先発金子が5回6安打4失点と役割を果たせなかった。
8日西武戦を観戦した宮内オーナーが「見るに堪えない。
継投失敗、何度目や?」と痛烈な言葉でハッパをかけていたが響かなかった。
 エース金子が誤算だった。
初回先頭の連打から失点すると、3回には2死二塁からペゲーロにシュート回転した高め直球を右中間席上段まで運ばれた。
5回には自身の暴投で失点。
初回に通算1500奪三振を記録するメモリアル試合だったが「リズムのいいピッチングができず申し訳ない」と、5回で降板した。
 明るい材料と言えば打線に当たりが戻ってきたこと、そして6回から中継ぎがゼロをつないだことか。
ヒット数は楽天よりも2本多い8安打。
終盤8回には吉田正の3号ソロが飛び出すなど反発力もあった。
福良監督も「打線は雰囲気は出てきましたけどね。
ここからじゃないですか」と逆襲を誓った。
まだシーズンは始まったばかり。
前を向くしかない。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.