北海道・樽前沖 ソウハチ150匹「数狙える時期」

 数週間前からソウハチの群れが入った樽前沖に8日、出掛けた。近くなったポイントで大、中、小の型が数多く上がり、クーラー釣りの人もいた。  午前4時30分、苫小...

スポンサーリンク

北海道・樽前沖 ソウハチ150匹「数狙える時期」

 数週間前からソウハチの群れが入った樽前沖に8日、出掛けた。
近くなったポイントで大、中、小の型が数多く上がり、クーラー釣りの人もいた。
 午前4時30分、苫小牧勇払マリーナから芳陽丸に9人が乗船、50分ほど沖に向かった。
晴れ、風はやや強く、波1・5メートル。
胴突仕掛けにオモリは150号、餌は赤イカを使用した。
水深は70~80メートル。
 早朝はタナ15メートル前後で釣れた。
ウネリがきつい中、追い食いさせて巻き上げると、30センチ前後に40センチ級の大型が交じって3~5匹釣れた。
時間の経過とともにウネリは収まり、タナ10メートルや15メートルで追い食いさせると針数を付ける人もいた。
 潮の流れでタナが頻繁に変わったため、船長が指示したタナを狙い、群れが薄くなると移動を繰り返した。
中盤は濃い群れに当たり、数を上げることができた。
型は大きめで、中型や小型の群れの時もあった。
 後半になると単発で釣れることが多く、強風と高波で魚が外れることも。
仕掛けによって、食い付きに多少の差があった。
同11時の沖上がりまで、27~40センチが1人80~150匹と上々の釣果となった。
小栗船長は「ソウハチは良型中心に数を狙える時期」と話していた。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.