阪神たなぼた1勝 金本監督「これでよく勝てたな」

甲子園  阪神の甲子園開幕は「勝ちに不思議の勝ちあり」だった。走塁や守備でミスを連発したが、広島が四球で自滅。救われる格好で、白星が舞い込んだ。金本監督は険しい...

スポンサーリンク

阪神たなぼた1勝 金本監督「これでよく勝てたな」

甲子園
 阪神の甲子園開幕は「勝ちに不思議の勝ちあり」だった。
走塁や守備でミスを連発したが、広島が四球で自滅。
救われる格好で、白星が舞い込んだ。
金本監督は険しい表情のまま「これでよく勝てたなと思うし、こういうプレーしても勝てるんだと、絶対に思わないように」と語気を強めた。
 1回無死一、二塁。
糸井の飛球は右翼フェンス手前まで達した。
しかし、二塁走者の高山はタッチアップできず、塁上にくぎ付け。
次打者のロサリオは中飛。
もし三塁へ進んでいれば犠飛で先制点を挙げられたはずだった。
金本監督は「それは言うに値しません。
適当に書いてください、そこは」と、吐き捨てるように言った。
6回から守備固めを送られた高山は「薄暮で打球を見失ってしまった」と猛省した。
 5回2死一塁では、ロサリオの打球が右中間を破ったが、一塁走者の糸井が本塁で憤死。
金本監督は「嘉男がかえってこないと。
ちょっと抜いて走っていたように見えたから」と指摘した。
守備でも5回1死一、三塁。
二塁西岡のもとへ転がった丸の打球で併殺にできず、追加点を献上した。
 それでも勝って再び貯金生活へ。
金本監督は「普通にやればいいことをなかなかできなかったなかで、よく勝てた」と振り返った。
勝ってかぶとの緒を締め、手堅く前に進みたい。
 
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.