巨人上原打たれ最下位 復帰5戦目0封止まり3失点

東京ドーム  巨人上原が初めて勝利の方程式を支えられなかった。  1点リードの8回から登板。だが宝刀スプリットが常時、浮き気味だった。先頭大和に左前打。復帰5戦...

スポンサーリンク

巨人上原打たれ最下位 復帰5戦目0封止まり3失点

東京ドーム
 巨人上原が初めて勝利の方程式を支えられなかった。
 1点リードの8回から登板。
だが宝刀スプリットが常時、浮き気味だった。
先頭大和に左前打。
復帰5戦目、打者14人目に初安打を許す。
筒香は二飛に抑えたが、ロペスに中前打、宮崎にはベルト付近の外角スプリットを同点適時打とされた。
乙坂にも連打を伸ばされ、最後は嶺井に甘いスプリットを2点適時二塁打とされ、4連打3失点で降板。
復帰後、オープン戦を通じ無失点だった右腕が沈み、チームは4連敗で最下位に落ちた。
 上原にとっても08年9月28日中日戦以来の国内黒星。
「完全に狙われた。
いやらしい打撃をされた。
もう少し、直球を入れて惑わせる投球をしないと」。
セットアッパーを務める中で不可避な経験だが、この試合が帰ってこないことも知り抜いている。
「いい時もあれば悪い時もある。
でも今日に限ればチームが3連敗中で申し訳ないことをした」と悔しがった。
 ▼4連敗の巨人は中日と並んで最下位。
今季の開幕日に巨人、中日、DeNAの3チーム0勝1敗で最下位があるが、この開幕日を除くと、巨人の最下位は原監督時代の15年4月3日以来となり、10試合以上消化したケースでは12年4月25日以来、6年ぶり。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.