阪神岩貞が2軍で好投「腕振れていた」矢野2軍監督

鳴尾浜  阪神岩貞祐太投手が10日、兵庫・西宮市内の鳴尾浜で行われたウエスタン・リーグのソフトバンク戦に先発し、金本監督が視察する中、最速146キロの直球を軸に...

スポンサーリンク

阪神岩貞が2軍で好投「腕振れていた」矢野2軍監督

鳴尾浜
 阪神岩貞祐太投手が10日、兵庫・西宮市内の鳴尾浜で行われたウエスタン・リーグのソフトバンク戦に先発し、金本監督が視察する中、最速146キロの直球を軸に3回を2安打無失点と好投した。
 前回登板した3日の同リーグ広島戦でも7回無失点と快投した中で、無失点を継続。
岩貞は「0点に抑えることは投手として目指すところ。
抑えることができてよかった」と話した。
 矢野2軍監督は「腕は振れていたと思う。
球の走りが彼の調子や勝ち負けのバロメーターになっている。
球威のある球もあったと思うし、その辺はよかった」と評価した。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.