広島緒方監督「思い切ったプレー」失策の田中責めず

甲子園  広島は2点リードの6回に3四球からピンチを招き、適時失策などで逆転を許した。先発薮田和樹投手が8四球を与えるなど制球を乱し、5回1/3で降板。投手陣全...

スポンサーリンク

広島緒方監督「思い切ったプレー」失策の田中責めず

甲子園
 広島は2点リードの6回に3四球からピンチを招き、適時失策などで逆転を許した。
先発薮田和樹投手が8四球を与えるなど制球を乱し、5回1/3で降板。
投手陣全体で5安打も10四球を与える乱調で3連敗となった。
 緒方孝市監督は試合後、最後まで先発薮田も、適時失策の田中も責めはしなかった。
「選手はしっかりやることはやっている。
負けたことも含めて采配を振っている自分の責任。
責める気は全然ない。
思い切ったプレー。
それだけ。
やれることはやっている。
いつもと変わらず、1戦1戦やるだけ」。
3連敗にも毅然と前を向いた。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.