日本ハム宮西アクシデント降板、荻野の初球後異変か

東京ドーム  日本ハムのブルペン陣の大黒柱、宮西尚生投手がアクシデントで降板した大ピンチで、肝っ玉ルーキーがチームを救った。  宮西は延長10回表に登板。清田、...

スポンサーリンク

日本ハム宮西アクシデント降板、荻野の初球後異変か

東京ドーム
 日本ハムのブルペン陣の大黒柱、宮西尚生投手がアクシデントで降板した大ピンチで、肝っ玉ルーキーがチームを救った。
 宮西は延長10回表に登板。
清田、田村に連続四球を与え、続く荻野への初球を投げた後に異変を察知した吉井投手コーチ、トレーナーがマウンドへ向かい、ベンチ裏へ引き揚げた。
そのまま交代となり、マウンドには新人の西村が向かった。
 西村は無死一、二塁から犠打で送られて1死二、三塁とされたが、代打福浦を二ゴロ。
好調の中村は中飛に抑えてガッツポーズ。
7日ロッテ戦でプロ初勝利を挙げた右腕が緊急登板で大仕事を果たした。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.