天理大が大勝発進 先発森浦は8回6安打3失点

南港中央球場  春季リーグが開幕し、3連覇を目指す天理大が2ケタ得点で大勝発進した。  先発の森浦大輔投手が8回6安打3失点。「最初はフォームがバラバラだったけ...

スポンサーリンク

天理大が大勝発進 先発森浦は8回6安打3失点

南港中央球場
 春季リーグが開幕し、3連覇を目指す天理大が2ケタ得点で大勝発進した。
 先発の森浦大輔投手が8回6安打3失点。
「最初はフォームがバラバラだったけど、後半立て直すことが出来た」と3回に死球と連打で3点を失うも、粘りの投球で他の失点を許さなかった。
 昨年は1年生ながら春秋連続で最優秀選手勝を受賞。
本調子とはいかなかったが、藤原忠理監督は「2年目の厳しさを痛感したと思います。
『これがリーグ戦なんだよ』と言いました」。
この日はあえて8回まで続投させて、2年目の更なる成長を期待した。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.