市川美織「撮影するうち心がだんだん死んでいく…」

 NMB48市川美織が7日、シネ・リーブル池袋で、主演映画「放課後戦記」の初日舞台あいさつを行った。  放課後の学校を舞台に、さまざまなコスチュームに身を包んだ...

スポンサーリンク

市川美織「撮影するうち心がだんだん死んでいく…」

 NMB48市川美織が7日、シネ・リーブル池袋で、主演映画「放課後戦記」の初日舞台あいさつを行った。
 放課後の学校を舞台に、さまざまなコスチュームに身を包んだ女子たちが殺し合う、アクション&バイオレンス作品。
 市川は「撮影していくうちに、明るかった私の心がだんだん死んでいく、それくらいのめり込める作品でした」と作品をアピール。
 さらに「たくさんの方にクラウドファンディングにも参加していただき、ありがとうございました」と、作品を支援してくれた人たちへ感謝を述べた。
 このほど、ロケが行われた栃木・佐野市の佐野厄除け大師で、土田監督と共演のりりかとヒット祈願を行ったという。
「おみくじを引いたら、まさかの大吉でした! 自分で初詣に行ったときは末吉でした。
運も味方に付けたような気がします」と話して場を盛り上げた。
 映画はドイツ・ハンブルク日本映画祭での上映が決まった。
市川は「日本だけでなく海外にも、いろんな方にご覧頂いて、たくさんの方に届けられればいいなと思います。
映画は言葉の国境を越えるということですね!」と満面の笑みを浮かべていた。
 この日は共演の秋月成美、りりか、窪田美沙、井上美那、大野未来、小泉萌香、片岡沙耶、新田祐里子、加藤美紅、野々宮ミカ、三橋栄香も登壇した。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

噂のよもやま話とコメント纒 All rights reserved.